ローコスト住宅の問題点は寿命にあり?20年後がヤバい?

ローコスト住宅の問題点は寿命にあり?20年後がヤバい?

 

ローコスト住宅を建てようか建てまいか悩んでいる人にとって気になるのが住宅の寿命です。

 

ここでは、ローコスト住宅の寿命についてやメンテナンスについてなどをお話しましょう。

 

ローコスト住宅は寿命が短い?

 

ローコスト住宅には、どうしても安っぽいや品質が低いというイメージがついてまわります。まだまだローコスト住宅を建てている人が少なく、実際の品質について安く家を建てられる理由が認識されていない証拠です。寿命が短いと思われがちなのもローコスト住宅の惜しいところ。

 

しかし、実際にはローコスト住宅の寿命が短いといわれる明確な根拠はないのです。と言うのも、ローコスト住宅が普及し始めてからの歴史は浅いからです。実は、高い費用をかけて建てた注文住宅でも5年もせずにボロが出てくるケースは少なくありません。住宅の住まい方によっても違いが出てくるので一概には言えないことです。

 

ローコスト住宅だって耐久性や構造に問題があれば、住宅として建築が認められるわけがありません。多くのローコスト住宅商品では、耐久性に自信を持って提案していますしメンテナンスも充実しています。

 

そうは言っても業者選びに失敗すると品質の低いローコスト住宅を建ててしまう恐れがあります。大切なのは、どんな住宅であってもメンテナンスをこまめに行うことです。そのためにはメンテナンスが充実している住宅会社は頼りになります。またどんなに質の良い住宅であっても、30年も経てばあちこちにガタが来るのは当然と思っておきましょう。

丈夫な家、長持ちする家はメンテナンス次第!

 

ローコスト住宅であっても、家を丈夫に長持ちさせるにはメンテナンスがモノを言います。家以外には物でも同じことが言えます。大切に掃除や修理をしながら使っていれば長持ちさせることができます。家だって荒っぽい扱いをしたり掃除もあまりしないようでは、早いうちにダメージが出てくるもの。

 

専門業者に依頼するメンテナンス以外にも、住んでいる人がこまめにチェックをしてできることは、自分達でもメンテナンスしていくことが家を長持ちさせるコツです。

 

自分達だけではメンテナンスできないことが多いのは当然のこと。内部でも外観でも一定期間ごとの専門業者による点検や補修は重要な意味を持っています。

 

そうした保証がついていることが住宅メーカーを選ぶ時のポイントです。住宅会社によっては、3ヶ月後・半年後・1年後・3年後・5年後・10年後・15年後といったように、こまめな点検サービスをあらかじめ設定しているところもあります。

ローコスト住宅のメンテナンス費用は頭に入れておきたい

 

家を建てる時の費用は抑えたのにメンテナンス費用がバカ高いとなったら、いざとなった時に支払えるのか心配です。メンテナンス費用が払えないから省略してしまおうという人もいるかもしれません。そんなことにならないようにメンテナンス費用はあらかじめ込みになっていたり少ない費用でメンテナンスをサービスしている住宅会社が理想的です。

 

一般的には、外壁、屋根、水まわり、間取りといった順にメンテナンスが重視されています。外壁や屋根が最も重要なのは風雨にさらされる場所だからです。

 

水まわりも、日常的に使用する場所で故障などのトラブルが目立ちやすいところ。トラブルが発生したら放っておかずに早めに対処するのが事態を重くしないコツです。

 

外壁や屋根の塗装や防水処理には150〜180万円は見ておいた方がよいでしょう。実際、その倍くらいかかる住宅会社もあります。資材に特殊なものを使っている場合など費用がかさみがちです。あらかじめメンテナンス費用にどのくらいかかるかを家を建てる前に確認しておくこともおすすめします。

 

水まわりの設備を交換することになったら100〜300万円かかるのが相場です。エコキュートの交換は給湯配管を含めて60〜80万円ほどはかかります。

 

間取りの変更には20〜120万円ほどかかるのが相場。変更する箇所が増えればもっと費用がかかることになるでしょう。

 

屋根と外壁は一緒にメンテナンスした方が良いなど、メンテナンスにはまとまった費用がかかりがちです。

 

仮に20年後にそれらの費用が必要になるとしても、いざとなって慌てるより月々積み立てをしておいて20年後に備えておいた方が楽です。場合によっては、水まわりが先に駄目になって資金が減るようなこともあるかもしれません。20年後に屋根と外壁・水まわり・給湯の修理をするとして、最低の費用でも300万円ほどは用意しておく必要があります。

 

年間にして12,000〜13,000円くらいの積み立てをしておけば、最低ラインのメンテナンス工事費用は用意することができそうです。

 

まとめ

 

ローコスト住宅に限らず、住宅の寿命を長くするも短くするも住まい方やメンテナンスによって違ってきます。

 

メンテナンスはこまめにすることを前提にいざという時の備えを蓄えておきましょう。

 

【全国版】地域別のローコスト住宅メーカーを探す


page top