ローコスト住宅の後悔しやすいこと!こんな人は買うな!

ローコスト住宅の後悔しやすいこと!こんな人は買うな!

 

ローコスト住宅は後悔しない…?
と心配な方のために、よくある後悔をまとめてみました。

 

ここでは

  • ローコスト住宅の後悔例
  • ローコスト住宅を買わないほうがいい人
  • 後悔しないローコスト住宅の建て方

などを紹介していきます。これからローコスト住宅を建てる方、ハウスメーカー検討中の方などは必見です。

 

ローコスト住宅の後悔ポイント!

 

まずは、ローコスト住宅を建てた人が後悔していることについて紹介します。

 

専任の担当者がつかなくて不安だった

 

通常の注文住宅の場合は担当者が付いてあれこれ世話を焼いてくれますが、ローコスト住宅の場合は人件費カットのために専任の担当者が付かないことがあります。これにより、疑問を感じた時に何かと頼れる人がいなかったという声が聞かれます。

 

自分でしなければならない手間が多かった

 

忙しいにもかかわらず、シミュレーションして自分で間取りを考えるなどの手間がかかったという声が出ています。そのような工程を楽しめる人もいますが、通常であれば住宅会社が提案してくれることを自分でやらなければならないのが負担と感じる人もいるようです。

 

資材の品質が心配

 

ローコスト住宅を建てた人の中には、資材の品質に疑問を感じている人もいます。通常の注文住宅と品質に高低の差があるかどうかは素人には分かりにくいものの、完成後すぐにメンテナンスが必要になるようなことがあると疑問を感じるようです。

 

時間がかかった

 

ローコスト住宅は、人件費を最小限に減らしているのが特徴です。従来の住宅の無駄を省ける程度のはずが、極端な人件費削減で工事の進みが遅かったと感じている人もいるようです。

 

自由度が低い

 

デザインや間取りをはじめ資材まで大量一括仕入れをするため、自由に選べない商品が多いローコスト住宅。キッチンやバスなどの設備も自由に選ぼうとすると追加費用がかかってしまうので、安く抑えようとすると自由度の低さにジレンマを感じることがあります。

 

シンプルなつくり

 

ローコスト住宅はシンプルなつくりです。パターン化された間取りなどから選択になっている商品も多く、外観や屋根なども縦長の長方形などが多くなっています。スタイリッシュでおしゃれという見方もありますが、そう感じられない場合は失敗したと思うかもしれません。

 

隣家と近すぎる

 

ローコスト住宅は土地選びも狭小地を選ばなければならす、隣家に密着した完成になることが少なくありません。そのため、音問題に悩まされたりメンテナンスなどに不自由するなどのデメリットが出てくることがあります。

ローコスト住宅はこんな人におすすめしない!

 

注文住宅を建てる時には、ローコスト住宅に限らずメリットやデメリットがつきものです。理想の家づくりに成功するためには、しっかり希望を住宅会社に伝えることが大切です。

 

ローコスト住宅は、自由に決められることが少ないとしても希望を話し合って理想に近づけることは可能。その点を怠ってしまうと、ローコスト住宅で失敗したということになりかねません。

後悔しないローコスト住宅メーカー選びの方法!

 

ローコスト住宅を建てて後悔しないようにするためには、住宅会社の選び方も重要です。どこがいいかを選ぶにはなるべく多くの住宅会社を検討するのがおすすめ。実際に7割以上の人が10社以上のカタログを集めて比較していると言います。

 

住宅メーカー選びのポイントについて、代表的なところを挙げておきましょう。

 

まずは自分や家族の希望を明確にする

 

ローコスト住宅に暮らす人の希望をハッキリさせておくことは何より重要です。どんな家を建てたいのか、どんな機能や性能があるといいのか明確にしておきましょう。

 

またデザインを重視するのか、機能を重視するのかも決めておくことが大切です。見映えを重視したい場合は、ローコスト住宅よりもっとお金をかけた注文住宅が向いているのは確かですが、見映えも無視せずにローコスト住宅を建てることも可能です。初めから諦めず相談してみるようにしましょう。

 

また暮らしを重視する場合は機能性を細かくチェックすることをおすすめします。

 

予算を決める

 

どのくらいの予算をローコスト住宅にかけるかは住宅会社の選び方を大きく左右します。住宅会社の商品によって、ローコスト住宅の価格が違うからです。

 

500万円台の家もあれば700万円台の家もあります。幅広い価格帯のローコスト住宅を提案している住宅会社もありますので、予算決めは早めにしておきましょう。

 

予算×希望の間取りを叶える業者を探す

 

予算に合わせて希望の間取りを叶えてくれる業者には、ローコスト住宅でも自由度の高さを感じられます。自分達ならではの家を建てることができ、完成した時の満足度も高くなるでしょう。

 

基本的には、これらのポイントを押さえておけば大きな後悔をすることは防げます。

まとめ

 

どうしても予算がない、あるいは予算をなるべく抑えたいなどローコスト住宅を建てる事情は様々です。後悔せずに満足度を高めるためには、あらかじめ後悔しやすいポイントを対策しておくのが効果的です。

 

それでもローコスト住宅が向かないケースもあるので、じっくり検討してからローコスト住宅に向いているか向いていないかを決めてください。

 

【全国版】地域別のローコスト住宅メーカーを探す


page top